スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TalkChina的考え】従来の中国語教育の問題点とは?

 これまで日本人の圧倒的多数が中学校の時より英語教育を受けておりましたが、何年たっても会話が出来ない、実践力が身につかないというご経験をされているのではないでしょうか?

 その理由は、学校や塾などで習う英語教育というものが、ネイティブとのコミュニケーションにおける実践力構築を目的としない語学教育であったことが大きいでしょう。語学教育というと、文法や形式・暗記重視であり、英語の偏差値や英検・TOEIC等の点数が高くてもコミュニケーションが不得手という人を数多く生んでいる事実があります。

 英語教育と同様に、日本において第2外国語として中国語を学ぶ環境は全く同様な事象が生じております。
語学教育というと、「1対多数の教室型授業」「知識・文法・暗記重視型」が主流を占め、ひととき隆盛を極めた駅前留学では、語学の教育法を知らない中国人留学生などが、バイト感覚で会話の授業を行っている程度でした。

mondaiten

 このような問題点を解消するために、オンライン中国語会話スクール「TalkChina」では、独自の教育体系であるInput-Outputシステムを構築しました。


Input-Outputシステムについて詳細をお知りになりたい方はこちらへ


日本の皆様に中国・北京に留学しているような環境を構築したいと考えております。


オンライン中国語スクールTalkChina大

テーマ : 中国語 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。